読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金がない!急な出費を助けてくれたのはカードローンでのキャッシングでした!

お金がない!急な出費を助けてくれたのはカードローンでのキャッシングでした。一度枠の設定をしておけば次のお金がないとなった時には手続きなしで借り入れすることができますよ。

お金がないからキャッシング!今スグ3万円必要な人、まとめて20万円必要な人.必見!

本気でお金がない…あなたならどうする?

f:id:bluemoonnoriyukiyamazaki:20160610233829j:plain

f:id:bluemoonnoriyukiyamazaki:20160610233832j:plain

お金がない、とひと口で言ってもそこには様々なレベルが存在します。あと3万円必要なのか、300万円必要なのか。その金額によっても危機感は違います。また、今日必要なのか、月末までに必要なのか。その時間によっても問題の大きさは違ってきます。

例えば、気になっている女性から突然の夕食の誘いのメールが・・・。でも、財布の中身は超しょっぱい感じです。彼女にいい格好どころか、こんなんじゃレストランにも行けません。

 

あるいは、仕事関係の知り合いから結婚式の二次会に誘われてしまった・・・。しかも今週末(泣)。30歳を過ぎている社会人としては、さすがにご祝儀を持っていかないわけにもいきません。ご祝儀&二次会の会費は決定です。

 

この2つは、金額は5万円前後かもしれませんが、今スグお金が必要なパターンです。

 

こんな場合もあります。
そ~いえば、来月は10年目の結婚記念日だった・・・。10年目の記念日は、独身時代に2人で行った温泉旅館に行こうって約束したっけ(汗)。最近、夫婦仲もあんまり良くないし、これをスルーするのはマジでヤバい・・・。

 

この場合の、金額は10万円前後のコースですが、今スグというわけではありません。

 

f:id:bluemoonnoriyukiyamazaki:20160610233844j:plain

さらには・・・。

現在、複数のカード会社からキャッシングをしていて、なんか無駄に利息を払っている気がする・・・。合計は120万円くらいだと思う。ここらへんで借金をひとまとめにして計画的に返済していきたいんだけどなぁ。
この場合は、金額は100万円オーバーで、一刻も早く手を打ったほうが良いでしょう。

 

このように、人それぞれの立場によって、必要なお金の額も時間的な問題も違ってきます。ただしこれだけは言えます。

 

『貧すれば鈍する』。

 

昔の人はよく言ったものです。どんなに才能や人徳がある人でも、日々の生活に困るような状態では、せっかくの才能も発揮できず、性格も卑しくなるという諺です。お金がない・・・ただそれだけのことで気持ちは滅入るし、消極的にもなるし、何をやってもうまくいかない気がする。わかるような気もしますよね。

 

もし今、お金がなくて悩んでいる人がいたら、ウジウジ悩んでいるのをやめて、前向きな方法を模索してはいかがでしょうか。親に借りる、友人に借りる、カードキャッシングする。いろいろな方法があります。ここでは、その中でも一番現実的で、かつ無利息ローンや即日融資などのサービスも充実したカードキャッシングについて紹介していこうと思います。

 

今回、例として扱うのは、カードローンの中でも特に人気の高い『新生銀行カードローン レイク』。2011年に経営基盤を全て新生銀行に譲渡してからというもの、それまでの消費者金融のイメージは払拭され、今ではあらゆる世代、男女を問わず利用者が増加中とのことです。是非、参考にしていただき、今の状況を打破するきっかけにしてみてください!

お金がない時あなたはどの方法でキャッシングする?

さて、そんなレイクでお金を借りようと思った場合、どんな申し込み方法があって、どんな方法をチョイスするのがベストでしょう? まずは、レイクでお金を借りる場合の最適な方法について解説していきます!

 

現在、レイクで融資を希望した場合、次の4つの方法があるようです。

 

①電話での申し込み

②郵送での申し込み

③自動契約機からの申し込み

④インターネットからの申し込み

 

f:id:bluemoonnoriyukiyamazaki:20160610233837j:plain

まずは①番。これはコールセンターか最寄りの店舗に電話をして、融資希望であることを伝え、あとはオペレーターに疑問点などをぶつけます。でも、電話だけではキャッシングまではいかないので、その後、店舗に出向くか郵送を希望するか、インターネットからの申し込みが必須となります。

 

②番は電話やインターネットで申し込みをしてから、必要書類を郵便物として受け取り、身分証明書のコピーなどの提出書類とともに返送し、契約まで行う方法です。①番と②番に関しては、おもにインターネットや無人機など、コンピュータの取り扱いが苦手な高齢者の利用が多そうです。

 

③番は、店頭に出向き、「自動契約機」の案内に従って操作をしていく方法。レイクでは全国のいろいろな場所に、この自動契約機を設置していますので、ホームページなどであらかじめ近所の場所を検索しておいて、出向くのがベストでしょう。

 

そして④番のインターネットからの申し込みです。これは近年、カードローン会社が積極的に行っているサービスで、現在ではスマートフォンや携帯電話からのアクセスも可能な場合も多くなっています。

 

このように、キャッシングの仕方にもいろいろな方法があります。しかもレイクでは、平日14時までに申し込み、必要書類の確認が終われば、即日振込も対応しています。これを利用しない手はありせん。今日にでも融資が必要という人は24時間受付のインターネットからの申し込みがオススメでしょう。また、できればお店に出向きたくないという人は、電話や郵送そしてインターネットから申し込みがベストでしょう。このように、自分のニーズにあった借り方をチョイスしてみてください。

 

f:id:bluemoonnoriyukiyamazaki:20160610233829j:plain

レイクなら借入れ可能かどうか速攻診断!

さて、当然ながら誰でも融資が可能というわけではなく、そこには審査があるのですが、この審査基準とはどんなものなのでしょう? どうやら以下の要素が重要視されるようです。

 

①安定した収入があるのか?
②他社からの借り入れはどれくらいあるのか?
③社会的信用があるのか?

 

①は当たり前の話で、借りたお金を返すための方法がない人はダメだということ。高収入である必要はありませんが、安定した収入であることが重要。逆を言えば、安定した収入さえあれば、主婦でも学生でも融資が可能ということです。

 

②については、他社からの借り入れがあまりにも大きい場合、借り入れを断られたり、希望した金額より低い金額の融資になることもあるようです。

 

③はどういうことかといえば、たとえちゃんとした企業に属していたとしても、その会社に何年勤続しているかということも重要だということです。もし、あなたがまだ入社して1カ月しか経っていないとか、その前に会社をいくつも転々と渡り歩いていたりすると、融資を受けられない可能性が出てきます。

 

ですが、これらはどれも当たり前の話ばかりで、レイクの審査はそれほど厳しいということではないようです。

 

f:id:bluemoonnoriyukiyamazaki:20160607235031j:plain

それでもまだ、「オレ大丈夫かな?」なんて不安になっている人もいるかもしれません。そんな人に朗報です。それは、レイク公式サイトにある『お借入れ診断』を利用すればいいのです。これは何かと言えば、あなたがお借入れ可能かどうかを、簡単な4つの質問に答えるだけで診断できるというスグレモノ。質問項目は、生年月日・本人年収・他社からの借入れ件数・他社からの借入れ金額のみ。20歳未満と71歳以上の人は診断対象外ですが、それ以外の人はOKです。

 

これ、筆者の実体験なんですが、以前キャッシングの申し込みをHP上からした時のことを思い出しました。個人情報を記入フォームからやっとのことで入力し、しかも身分証明書を写真で撮影して送って、あとは返事待ちって状態の時のことです。

 

帰ってきた答えは、「今回はご期待にそえませんでした」のメールの一文。これ、結構ショックでした・・・。なんか全人格を否定されているみたいで、しばらく立ち直れませんでした。でもそんな思いも、この『お借り入れ診断』があればストレスフリー。質問項目は4つだけだし、煩わしいことも何もないし、何よりもプライドも傷つけられないという。これは試さない手はないですよね。こんなところも『レイク』が人気のある理由なのかもしれません。

 

>>>レイク公式サイトはこちら

キャッシング契約までの具体的な流れとは?

さて、晴れて『お借り入れ診断』の返事も融資可能と出た場合、本申込みに移ります。

 

 

STEP1:記入フォームに必要事項を入力していく

 

ここからは、HP画面上に沿って記入フォームに必要な内容を打ち込んでいきます。
申込み後、すぐに審査結果を伝えるメールが届きますので確認します。
ただし、年末年始を除く通常時の8:10~21:50と、毎月第3日曜日の8:10~19:00の時間帯での申込みの場合は、残念ながら審査結果は翌営業日になってしまうので、注意が必要です。

 

 

STEP2:審査結果が出たら、必要書類をメール

 

続いて、審査結果のメールを確認します。
内容に問題がないようなら契約手続きに進み、振込先情報などの入力をします。
そして、本人確認書類をメールに添付して提出します。
この本人確認書類とは、免許証やパスポート、保険証など身分を証明できる書類のことで、これを送らなければなりません。

 

ここで一つ注意が必要!送ろうとしている本人確認書類に、現在の住所が明記されているかどうかということ。免許証の住所変更がされていなかったり、保険証に住所が記入されていなかったり。案外こうしたことを忘れている人が多いようなので、今一度確認が必要です。

 

 

STEP3:指定口座への振込

 

あなたが指定した口座に振り込みがされます。
本人確認書類の確認が完了すると、指定した金融機関の口座へ振込みが行われます。
前出のように、平日14時までの申込み・必要書類確認の場合、即日の振込も可能です。

 

どうです?カンタンですよね。
ここまでのプロセスでは、誰一人とも会っていません。まだ二の足を踏んでいる人。ぜひ、前向きに検討してみたらいかがでしょう。

 

>>>レイク公式サイトはこちら

お金がなくてキャッシングするならレイクがおすすめ

さて、数多いカードローン会社の中から、なぜレイクを選択する人が多いのか、メジャーな5社との比較をしてみたいと思います。
それぞれのカードローンが打ち出しているキーワードで気になるのは以下の3つ。

 

①初めての利用での無利息期間サービス
②審査から融資までの時間が短いこと
③返済と借り入れがいかにスムーズであるかということ

 

このあたりをポイントに、まずは各社のサービス内容を見ていくことにしましょう。

 

レイク

 

f:id:bluemoonnoriyukiyamazaki:20160902215202j:plain

新生銀行カードローン レイクは、その名のとおり新生銀行を母体としたカードローン。かつて消費者金融であったレイクが、2011年に経営基盤をすべて新生銀行に譲渡し、消費者金融から銀行カードローンへ。
利用条件は、満20歳以上70歳以下。
安定した収入があれば、パートやアルバイト、自営業、学生、年金生活者、外国人(永住権を持つ人)でも申込みが可能。

金利:4.5%~18.0%(実質年率)
限度額:1万円~500万円
融資までの期間:即時審査。最短40分融資!

[レイクのここがポイント!]
・2つの無利息期間サービスから選べる。 
・即時審査、即日振込可能。最短40分融資。
・PC、スマホでの申し込みで来店不要。
インターネット上で申し込み⇒借り入れ⇒返済が完結。
・セブン銀行など提携ATMの利用で手数料無料。
・アルバイトやパート、主婦でも安定収入があれば利用可能。

 

f:id:bluemoonnoriyukiyamazaki:20160610233829j:plain

 

プロミス

 

f:id:bluemoonnoriyukiyamazaki:20160902215203j:plain

三井住友フィナンシャルグループの子会社、SMBCコンシューマーファイナンスが営業するプロミス。三井住友銀行のローン契約機を使えるメリットなどがある。
プロミスの利用条件は、20~69歳、安定した収入があること。
職業や年収などの制限はない。

金利:4.5~17.8%
限度額:1万円~500万円
融資までの期間:最短30分審査。最短1時間融資

[プロミスのここがポイント!]
・初回、契約日から30日間無利息。
・審査時間最短30分、最短1時間融資。
・インターネット上で申し込みから返済が完結。
・三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座で最短10秒振り込み可能。

 

f:id:bluemoonnoriyukiyamazaki:20160610233825j:plain

 

アコム

 

f:id:bluemoonnoriyukiyamazaki:20160902215204j:plain

大手消費者金融として、1978年から営業しているアコム。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社に。
カードローンの申し込み資格は、20歳以上で安定した収入があること。派遣社員やアルバイトも申し込み可能。

金利:4.7~18.0%
限度額:1万円~500万円
融資までの期間:最短30分審査。最短1時間融資。

[アコムのここがポイント!]
・初回利用時、契約日から最大30日間金利がゼロ。
・店頭や無人機など最短1時間で融資。
・インターネット上で申し込みや借り入れ、返済が完結。
・楽天銀行で24時間振込み融資可能。
・派遣社員やアルバイトも申し込み可能。

 

f:id:bluemoonnoriyukiyamazaki:20160610233826j:plain

 

モビット

 

f:id:bluemoonnoriyukiyamazaki:20160902215205j:plain

モビットは、三井住友銀行グループの傘下にある消費者金融。
借り入れ資格は、20歳以上69歳以下で安定収入があること。パート・アルバイト、派遣社員、自営業でもOKだが、収入のない専業主婦や年金生活者の申込みは受け付けていない。

金利:3.0~18.0%
限度額:1万円~800万円
融資までの期間:最短30分審査。即日融資。

[モビットのここがポイント!]
・ホームページやローン申し込み機からで、10秒で簡易審査結果を表示。
・本審査は最短30分。即日融資可能。
・インターネット完結の申し込み。来店不要、電話や郵便物なし。
・パート、アルバイトも申し込み可能。

 

f:id:bluemoonnoriyukiyamazaki:20160610233827j:plain

 

 アイフル

 

 

f:id:bluemoonnoriyukiyamazaki:20160902215206j:plain

独立系消費者金融として長年、営業を続けているアイフル。貸金業法改正以降、2009年に事業再生ADRを申請した後、グループ再編などを経て現在も独立系のまま営業している。
利用条件は、20歳以上70歳未満で定期収入があること。パート・アルバイト、学生も申し込み可能。自身に収入のない専業主婦は対象外。

金利:4.5~18.0%
限度額:500万円
融資までの期間:最短30分審査。即日融資。

[アイフルのここがポイント!]
・初回30日間無利息。
・ホームページか電話の申し込みで、来店不要。即日融資可能。
・アイフルを利用したことのある人が対象の低金利プラン「おまとめMAX」アリ。
・女性専用ダイヤルで、希望額50万まで最短30分で審査結果がわかる。

 

f:id:bluemoonnoriyukiyamazaki:20160610233828j:plain

 

各社を比較する中で、よりレイクの個性が見えてきます。銀行カードローンにしては、金利が4.5%から18.0%と高めであり、消費者金融とあまり変わらないという印象を受けるかもしれません。しかし、利用の仕方次第ではメリットの大きいカードローンとなっています。
特に以下の3つのポイントは、利用者にとって大きなメリットといえるのではないでしょうか。

 

◆レイクのメリットその1

「選べる2つの無利息期間サービスで、返済の負担が軽減される」
レイクをはじめて利用する場合には、選べる2つの無利息期間のサービスがあります。
それが、「30日間無利息」と「180日間5万円分無利息」。

 

「30日間の無利息」を適用すれば、例えば、50万円の借り入れ(金利18%、64回払い)を利用の際に、最初の30日の利息が軽減され、無利息期間なしと比べて、1万8000円以上の利息が浮くことになります。
これが「180日間5万円分無利息」の場合、5万円までの借り入れで、最初の180日の利息がかかりません。
どちらのプランを選ぶかはあなた次第です。
※この2つの無利息プランは、いずれも初回のみのサービス。

 

 

f:id:bluemoonnoriyukiyamazaki:20160610233845j:plain

 

レイクの大きな特徴として、「30日間無利息」と「180日間5万円まで無利息」という2つのサービスからどちらか1つを選べるということがあげられます。このサービスがあるため、新規契約の人にとっては金利14%の他行のカードローンで借りるよりもメリットが出る場合があります。10万円を借りて翌月に返済してしまい、その後は利用する予定がないという人などにはおすすめできます。


 

 

◆レイクのメリットその2

「スムーズかつ豊富な手続き方法で、ライフスタイルに合った利用が可能」
返済と借り入れがスムーズに行えることもレイクのカードローンの強みです。
スマホ・アプリ・携帯電話を使って、HP上での申し込みや返済と借り入れができ、24時間申し込みが可能。
インターネット上で申し込み⇒借り入れ⇒返済まですべてを完結することもできます。
また、レイクATMやセブン銀行での利用手数料は0円で便利です。

 

 

f:id:bluemoonnoriyukiyamazaki:20160610233845j:plain

 

レイクのもう1つの大きな特徴が、コンビニATM手数料が時間外も含めて無料ということです。カードローンで大きなお金を借りる人はあまりいませんから、借入と返済で手数料がかからないということは大きなポイントになります。例えば、1万円を一ヶ月だけ借りた場合ですと、金利14%でも金利18%でも利息の差はほとんどありません。しかし、借入時と返済時に手数料が108円ずつかかってきたのでは、合計で216円がかかります。このようなケースでは、利息よりも手数料の負担のほうが大きくなっています。

 

レイクでは金利が4.5%から18.0%となっているので、一見すると他行のカードローンよりも劣っているかのように思えますが、ATM利用手数料がかかる他行のカードローンよりもメリットが大きいケースもあります。給料日前に数万円だけを借りて、給料が出たらすぐに返済をしてしまうといったようなケースでは、ATM手数料が無料というポイントは大きなメリットとなるでしょう。


 

 

◆レイクのメリットその3

「スピード審査、即日融資OK」
審査から融資までの時間が短いこともレイクの特徴です。
レイクはカードローン業界でもトップクラスの「最短40分融資」が魅力で、先ほど記したように、実際にキャッシング融資を受けるための申し込みをする前に、インターネットなどで簡単な「仮審査」をすることで、融資の可能性を確認できます。

 

基本的には、カードローンは高額なお金を借りるのには向いていませんが、信用を上げて限度額を増額していけば、高額融資もできるようになっていきます。最終的には、限度額500万円、金利4.5%という好条件のローンが利用できるようになります。レイクは銀行カードローンなので、総量規制はかかりません。公務員や大企業の正社員など、属性の良い人なら年収の半分くらいの限度額まで上げられることもあります。将来的に高額なお金を借りることも考えているなら、限度額を増額していくようにするとよいかもしれません。

 

これ以外にも、新生銀行が運営しているので安心、女性専用のフリーダイヤル「レディースレイク」もあるなど、レイクにはメンタルの部分でも優位性が認められます。

 

特にとにかく借り入れを急いでいる人、カンタン&スムーズに利用したい人、カードローンが初めてで安心かつ安全に利用したい人にうってつけのカードローンが、『新生銀行カードローン レイク』と言えるのではないでしょうか。

 

>>>レイク公式サイトはこちら

アコムとプロミスとレイクを比較して、どこが違うのかを解説

まず、この3社で共通しているのは、元々大手の消費者金融会社で貸金業法の改正により経営難に陥り銀行傘下に入ったこと、およびそれ以降は経営を持ち直し非常に利便性の高いカードローンサービスを提供しているということです。逆に、大きな違いとしては、アコムとプロミスは銀行子会社の消費者金融会社で総量規制の適用を受けますが、レイクは新生銀行カードローンということで銀行のカードローンとなり総量規制の対象外商品となります。

 

カードローンという商品自体については、3社とも業界トップレベルの利便性の高い商品を提供していますが、いくつかの部分でポイントとなる違いがあります。まず、最近人気の無利息サービスですが、これは3社とも提供していますがそれぞれに違いがあります。まず、アコムの場合には、同業他社とほぼ同じサービスで初めての方限定で契約日から30日間の無利息サービスです。プロミスも同じく初めての方限定で30日間の無利息サービスですが、契約日からではなく借入日から30日となっており契約日に関係なく30日間は必ず無利息サービスを受けることができます。例えば、初めて利用して20日後には完済した場合には、次に借りた時にも最初の10日間は無利息となります。これに対して、レイクは選択制の無利息サービスです。初めての方限定で契約日から30日間の無利息サービスか、上限5万円まで180日間の無利息サービスかのどちらか有利なほうを選択できます。計算は同社のホームページ上で簡単にできます。

 

申込方法については、3社ともweb申込で契約まで完了させることができます。ただし、振込サービスの場合には、アコムのみがpay-easyを導入しており楽天銀行利用者に限り24時間365日リアルタイムで借入や返済ができますが、プロミスとレイクではこのサービスは提供しておらず、当日振込のためには14時過ぎくらいには振り込みサービスを依頼をする必要があります。また、自動契約機による申込も3社ともできますが、プロミスは自社自動契約機以外にも親会社である三井住友銀行カードローンのローン契約機も利用できます。

 

また、契約後にATMを利用する際には、アコムとプロミスは自社ATM以外を利用する場合には原則として手数料がとられてしまいますが、レイクは銀行系ですので自行ATM以外でも手数料はかかりません。従って、遅い時間にコンビニなどのATMも無料で利用できます。

無金利期間がある安心キャッシングならレイク

今日の日本社会において申し込みをしてから最短で即日キャッシングに対応しているキャッシングサービスは当たり前のように存在するようになりましたが、このように審査が早いキャッシングサービスは大手銀行が取り扱っているカードローンなどに比べて金利が高めに設定されているので、契約後に気軽に利用しにくいとった側面も併せ持っています。申し込みがしやすくまた審査が早いことに加えて、契約後に気軽に借り入れができるサービスはないのでしょうか。

 

新生銀行カードローンであるレイクならばこれらの条件をすべて満たすカードローンとなっているので多くの人にオススメが出来るサービスだと言えます。
新生銀行カードローンレイクは、その名の通り新生銀行グループのカードローンサービス提供機関なので、消費者金融のカードローンとは異なり、総量規制対象外という大きな強みがあります。
またパートやアルバイトでも申し込みができますし、利用限度額が一定以下であれば必要書類は本人確認書類だけでの契約が可能ですし、もちろんパソコンやスマートフォンを使っての申し込みにも対応しています。

 

さらにレイクのカードローンの大きな特徴として、初めての利用者を対象として一定期間無金利でカードローンの利用ができるというメリットがあります。
契約額を200万円までとして契約をした場合には契約日の翌日から180日の間は5万円までの借り入れに対して無金利となっていますし、200万円超えの限度額で契約した場合には契約日の翌日から30日間借入金額の上限なしで無金利での借り入れができる内容となっているのです。
この特典をうまく活用すれば、給料日前やボーナス前に金欠になった時には他のサービスよりも絶対的にお得な借り入れができますし、レイクのカードローンの場合はコンビニATMから手数料無料で繰り上げ返済ができるので、利息が発生する前に速やかに返済することができるのです。

 

借り入れはレイクのATMを利用する他にコンビニATMからの借り入れや自分の預金口座への振込による借り入れにも対応しています。
なおスマートフォンを持っているならば専用のアプリを導入することをおすすめします。アプリから契約申し込みができますし、契約後にはマイページにログインしたり、スマートフォンのGPS機能を利用して現在位置の近くにあるATMを検索する機能が付いているので、より便利にサービスを利用できるようになるのです。

お金がない!急な出費を助けてくれたのはカードローンでのキャッシングでした!

お金がない!って急な出費を助けてくれたのはカードローンでのキャッシング。
普段生活していると突然『お金がない!?』って状況がやってきます。車を買い替える、テレビを買い替える、新しいパソコンを買うみたいに、何か買い物をするのにお金がないってこともあります。買い物だけでなく、パチンコで大負けしちゃって小遣いがない、急に結婚式に招待されてお金がない、今月はいろいろと出費が重なって生活費が不足するなんてこともあります。

 

『お金がない!?』って状況は急にやってくることが多いですね。2週間後、1週間後、時には明日までになんてこともあります。計画的に準備する期間があれば借り入れもいろいろと探せますけど、急にやってきた『お金がない!?』はとても困ります。でもそんな時にカードローンを持っているととても役に立ちます。30万、50万、100万と枠を設定しておくだけです。その枠内であれば手続きなしでお金を出し入れすることができますよ。枠を作るのにはお金がかかりませんから、いざ『お金がない!?』って時のために、カードローンを作っておくのがおススメです。

 

準備としてカードローンを作るのなら、いろいろと比較することができます。限度額、金利、有名な会社・・・それぞれにおすすめのランキングを乗せていますので、参考にしてみてください。でも明日にでもお金が必要だ!なんて人はそんなことは言ってられませんのでこちらを!

新生銀行レイクの特徴

お金を消費者金融や銀行から借入れしている人は多いでしょう。街中に自動契約機が設置され、コンビニのATMからも引き出しができるため、お金が急に必要になってもローンカード1枚さえ持っていれば、すぐにお金が引き出せてとても便利です。
消費者金融は銀行に比べ審査が早く、即日融資にも対応ができるため、その日にお金を何とか用意しなければいけない急ぎの人には大助かりの貸金業種と言えます。
消費者金融は多数あり、テレビやネット、雑誌などで広告を見かけないときはないほどです。これは、お金を借りる人が多い証になります。多数ある貸金業者からどこで借りるかは誰もが迷うものですが、その中でレイクが最大手であるのは、それだけ多く人が利用しているからでしょう。
レイクが選ばれるのは、借りやすさと便利さ、さまざまなサービスが設けられているからです。そのひとつは、初めて借りる人には30日間無利息で融資をするというサービスです。
貸金業者からお金を借りたことが無い人は、借りたくてもなかなか申し込む勇気がもてないものです。そんな人も、無利息で30日間貸してもらえるなら、一度試しに利用してみようと思うものです。体験してみれば、とても便利で手軽に借入れできることが分かり、お金に困ったときは利用しようと思うように変わるでしょう。
借り入れ申し込みは、店舗、自動契約機、WEB、電話、郵送からでき、自分に合った方法が選べて便利です。おすすめなのは、パソコンやスマートフォンからWEBで行う方法です。いつでも・どこからでも行え、平日の14時までにWEB完結すれば、即日融資もしてもらえます。
消費者金融は総量規制で収入の3分の1までしか融資ができないことになっていますが、レイクは新生銀行グループになりますからは総量規制対象外で、年収に関係なく審査に通れば融資最高額500万円まで借入れすることができます。そして、収入のない専業主婦も借り入れすることができます。
レイクで借入れできるかは、3秒診断できるシステムがHPにアップされていますので、まずはそれで確認するのがいいでしょう。
便利でついつい借り過ぎてしまい返済に窮する人もいますが、借りたお金は期限内までに利息を付けてきっちり返済しなければ、社会的信用を失うことになります。こうしたことが起きないためにも、返済シュミレーションのシステムを活用するのがいいでしょう。
レイクは、便利に借入れできるだけではなく、無理の無い借入れができるよう、利用者のことを考えたサービスをいろいろ提供しているのが大きな特徴と言えます。

レイクのメリットについて

レイクは初めて借りる方向けのサービスとして無利息で利用できる期間を設けているのがひとつのメリットです。そして無利息ローンは2種類あり、1つは5万円までの融資なら180日間無利息で利用でき、もう1つは500万円までの融資なら30日間無利息で利用することが可能というものです。特筆すべきは前者の180日間の無利息期間であり、長く利息不要で利用することができますので、初めての方にとってもハードルが低くなっていると言えるでしょう。ただし、5万円を超えた分は通常通りに利息が発生してしまいます。
融資までのスピードが速い為にすぐに資金を用立てることができるのもメリットです。
大手の消費者金融だったりすると融資までのスピードを売りにしていることがありますのですぐに借りることが可能ですが、ところが銀行カードローンの場合ですとのんびりしてしまうところも珍しくありません。時には2週間程度も待たされてしまうことがある為、急にお金が必要になった時にはあまり適していなかったりもします。しかしながらレイクの場合は即日融資を行ってくれるサービスがありますのですぐにお金を用意することが可能です。さらには来店不要で利用することも可能ですからもしもの際にも気軽に利用することができます。
WEBで全てを完結できる為に使い勝手が良いのもレイクの魅力的なポイントです。
申し込み及び契約はもちろん、実際の融資から返済までWEBだけで行うことができますので、外に借りに行くのは抵抗があるという方でも安心です。また、こうしたサービスを利用するにあたって特に手数料が発生するようなこともありません。
なお手数料繋がりでATMが無料で利用できるという良さも兼ね備えています。特に消費者金融の中には提携ATMだろうと手数料が掛かってしまうことがありますが、レイクの場合は手数料無料で利用できるようになっていますので、余計な費用が掛かってしまう心配がありません。
レディースレイクが用意されている為、女性の方でも安心して利用できるという良さもあります。
女性でも借り入れを受けたいと希望されるケースも増えているようですが、ただ男性が相手ですと相談がし難いという方も珍しくありません。そういった女性の為にも女性スタッフが対応してくれるフリーダイヤルが用意されています。女性同士で気軽に相談ができますので、こういったサービスが用意されているのも魅力のひとつと言えるでしょう。

レイクで無利息で利用するには?

レイクには無利息期間があります。
新規契約者に向けたサービスであり、文字通り、利息なしでお金を借りることができる期間のことです。通常、貸付の返済と言えば元金に利息を合わせて返えしていきますが、この期間内に返したお金に関しては元金のみの返済で済みます。
期間内に全額返済できれば、金利0%ということになるのでかなりお得でしょう。もちろん一部の元金を返済するだけでも構いません。一部返しておけば後の利息負担を軽減することもできます。

 

さて、実はこうしたサービスは他社にもありますが、レイクは30日間と180日間の2つの無利息サービスがあるのが特徴です。
いずれもレイクで初めて契約した方に対して、契約の翌日から適用されます。
30日間無利息は利用限度額1万円~500万円までの方、180日無利息は利用限度額1万円~200万円までの方で利息なし適用返済額は5万円までとなっています。この2つを併用することはできないので、どちらがお得か考えて選択しましょう。

 

具体的な仕組みは以下のようになります。1か月30日として、4月1日に契約したケースです。

 

30日間の場合は4月2日から開始、5月1日で終了となります。契約日の4月1日に借入れをすれば利息が付かないで返済できる期間は30日となりますが、4月3日に借入れをすれば利息が付かないで返済できる期間は28日になります。

 

180日間の場合は4月2日から開始、9月28日で終了となります。4月1日に借入れをすれば利息が付かない返済できる期間は180日となりますが、4月3日に借り入れをすれば利息が付かないで返済できる期間は178日になります。
ただし180日間では、利息が付かない返済額の上限を5万円までに設定しているので、それ以上の返済額には利息がかかってきます。

 

いずれのケースでも、この期間内なら追加融資をした返済にも利息は付きませんが、期間中も約定返済日はあるので、この返済日には必ずお金を返さなくてはなりません。もしも返せなかった場合は遅延損害金が発生します。
例えば約定返済日が28日の場合は28日に必ず返済をします。28日に返済できなければ通常の利息はゼロでも遅延損害の利息は支払う必要があるでしょう。

 

借入金額、月々の返済額、返済回数によって30日間と180日間のどちらがほうがお得かは変わるため、レイクの公式ページのシュミレーションで確認してみることをおすすめします。

レイクの振込での借入方法

お金の融資を受けたいときに便利なサービスといえば、消費者金融のキャッシングとなります。大手の消費者金融を中心として、キャッシングでは利便性が向上していますので、従来までのような店舗や自動契約機まで来店しなくても、振込みの方法で融資を受けることが可能な業者があります。振込み融資に対応している消費者金融としてレイクがあり、様々な世代において高い人気を誇っています。レイクの申込方法としては、自動契約機や電話、郵送の方法を選択することも可能ですが、振込み融資を受けるためには、インターネット上からの申込みを選択します。レイクではネット完結が可能なために、ホームページで申込みと契約、融資の依頼までの全ての手続きを済ませることができます。そのために自動契約機でカードの発行を受けることなく、来店不要で借り入れができます。ホームページ上で借り入れに必要な事項の入力を行うと、すぐに仮審査の結果が出ます。仮審査では融資の可否や利用限度額を表示してもらうことが可能で、審査に通過してから自動契約機に行って契約をするか、ネット上で手続きを済ませるかを選択できます。借り入れ契約では本人確認ができる書類の提出が必要ですので、運転免許証や健康保険証の写真を撮影して画像をメールに添付して送信します。書類の提出は、FAXを使って提出することも可能です。融資の希望金額が100万円以上のときや、他社からの借り入れ金額との合計が100万円を超えるときには、収入証明書の提出も求められますので、用意しておく必要があります。会員ページからログインを行って、メニューから即日融資を選んで依頼をします。融資を入金してもらう銀行口座を指定しておくことで、振込み融資の方法で借り入れができます。ネット上で借り入れをするときに即日融資を希望しているときには、平日の14時までに全ての手続きを行っておくことが条件となります。融資の依頼は24時間いつでも受付を行っていますが、14時以降の時間帯に依頼をしたときには翌営業日に手続きが反映されます。振込み融資の方法であれば、手数料が無料で借り入れができるために、余計な費用をかけたくなく人におすすめの方法と言えます。レイクでは、インターネット上で支払いができるペイジーのシステムにも対応していますので、返済についても来店しなくても行えます。会員ページでWeb返済サービスのメニューを選択することで、手続きが実行されますので、自宅に居ながらであったり、外出先からでも支払いができます。

レイクの借り入れ手順のあれこれ

お金が必要なときに便利なのがキャッシングですが、レイクで借り入れをおこなう場合、申し込みから実際の借り入れまでには、いくつかの手順があります。具体的に言いますと、まずレイクの店頭窓口、または無人の契約機に行って、新規の申し込みをします。そして、所定の新規申込用紙に必要事項を記入するわけですが、このときの主な記入事項は、氏名、住所、生年月日などのほか、勤務先や雇用形態、収入なども申告する必要があります。そのほかにも、アパートやマンションなどの賃貸物件に住んでいる方は、月々の家賃なども申告しなければなりません。新規申込用紙に記入が終わりましたら、次の手順としては、勤務先への在籍確認があります。この在籍確認というものは、レイクにかぎらず、キャッシングなどのサービスをおこなっている金融会社では必ずおこなっていることなのですが、これはなんのために確認するのかといいますと、借りたお金を月々きちんと返済するためには、定期的な収入が必要であると判断されますので、そのためには勤務先にきちんと在籍しているかどうかということを、レイク側で確認する必要があるからです。勤務先に在籍確認が取れた場合は、審査の与信をおこなうわけですが、この与信の際に、借り入れの限度額というものを決めることになります。限度額というのは、いくらまでの金額のキャッシングをおこなうことができるかという金額のことですが、この限度額の範囲内で自由に借り入れができるようになるわけです。つまり、限度額というのは、実際にキャッシングをすることができる可能額の限度を指すわけです。手順として、審査の与信が通った場合には、キャッシングするためのカードが発行されることになりますが、このカードを使用して、レイクのATMのほか、提携先の金融機関のATMでもキャッシングをすることが可能になります。このカードにつきましては、借り入れをおこなうときだけではなく、月々の返済のときにも使用することになりますが、場合によっては契約の変更手続きなどに関しましても、カードを使ってATMでおこなうことができるようになっています。契約の手順につきましては、以上のようになっているわけですが、新規申し込みから実際のキャッシングにいたるまでは、比較的短時間で済むことが可能です。本人確認書類や、勤務先への在籍確認などの不備がなければ、とくに問題なく手続きが完了します。

レイクにおける返済手段とは

人気の消費者金融としてレイクがあり、利便性の高さが多くの利用者を獲得している要因であると考えられます。消費者金融のキャッシングは、融資を受けるサービスですので、借り入れをする前から返済方法について確認しておくことが大切です。返済方法がたくさん用意されているほうが、支払いをするときに便利になるメリットがあります。レイクのキャッシングで利用できる支払いの手段としては、ホームページ上やATMからの支払方法、銀行振込、口座引落があります。借り入れ契約を行うときに自動契約機で行っておくことで、カードを受け取れますので、そのカードを使うことでレイクのATMや提携先の銀行、コンビニATMから支払いができます。提携先のATMを含めて、手数料がかかりませんのでお得に支払うことが可能です。口座引落や銀行振込の方法で支払うことも可能で、口座引落の場合には手数料が無料になりますが、銀行振込を選択して支払いをするときには、手数料がかかってしまうので注意が必要です。口座引落をするときには、毎月14日か27日が引き落とし日として設置されます。レイクはインターネット上から振込み融資の依頼ができるために、来店不要で使えるキャッシングですが、返済についてもネットを使って支払いができるペイジーのシステムが導入されています。ペイジーによる支払いをするためには、会員ページにログインをしてWeb返済サービスを選択します。支払金額を入力して、自分が持っている金融機関の口座を選択して振込みの手続きを完了します。ペイジーで支払いをする方法であれば、パソコンやスマートフォンを使っていつでも手続きができるので、自宅や外出先からでも支払うことが可能です。インターネット上から支払いをしたときは、手数料がかからないので経費を節約できます。ペイジーを利用するためには、ネットバンキングを利用できる金融機関の口座を持っておくことが条件となります。支払期日を自分で指定することが可能で、期日までに間に合わないと感じるときには、会員ページ上で支払い予定日を変更できます。支払期日から数日の範囲内であれば、変更することが可能となりますが、遅れた分だけ遅延損害金が発生しますので十分に把握しておくことがおすすめです。支払期日の3日前にメールでお知らせしてくれるサービスがありますので、うっかり期日を忘れてしまうことを防げます。資金に余裕があるときには繰り上げ返済を希望することもできます。