お金がない!急な出費を助けてくれたのはカードローンでのキャッシングでした!

お金がない!急な出費を助けてくれたのはカードローンでのキャッシングでした。一度枠の設定をしておけば次のお金がないとなった時には手続きなしで借り入れすることができますよ。

レイクで無利息で利用するには?

レイクには無利息期間があります。
新規契約者に向けたサービスであり、文字通り、利息なしでお金を借りることができる期間のことです。通常、貸付の返済と言えば元金に利息を合わせて返えしていきますが、この期間内に返したお金に関しては元金のみの返済で済みます。
期間内に全額返済できれば、金利0%ということになるのでかなりお得でしょう。もちろん一部の元金を返済するだけでも構いません。一部返しておけば後の利息負担を軽減することもできます。

 

さて、実はこうしたサービスは他社にもありますが、レイクは30日間と180日間の2つの無利息サービスがあるのが特徴です。
いずれもレイクで初めて契約した方に対して、契約の翌日から適用されます。
30日間無利息は利用限度額1万円~500万円までの方、180日無利息は利用限度額1万円~200万円までの方で利息なし適用返済額は5万円までとなっています。この2つを併用することはできないので、どちらがお得か考えて選択しましょう。

 

具体的な仕組みは以下のようになります。1か月30日として、4月1日に契約したケースです。

 

30日間の場合は4月2日から開始、5月1日で終了となります。契約日の4月1日に借入れをすれば利息が付かないで返済できる期間は30日となりますが、4月3日に借入れをすれば利息が付かないで返済できる期間は28日になります。

 

180日間の場合は4月2日から開始、9月28日で終了となります。4月1日に借入れをすれば利息が付かない返済できる期間は180日となりますが、4月3日に借り入れをすれば利息が付かないで返済できる期間は178日になります。
ただし180日間では、利息が付かない返済額の上限を5万円までに設定しているので、それ以上の返済額には利息がかかってきます。

 

いずれのケースでも、この期間内なら追加融資をした返済にも利息は付きませんが、期間中も約定返済日はあるので、この返済日には必ずお金を返さなくてはなりません。もしも返せなかった場合は遅延損害金が発生します。
例えば約定返済日が28日の場合は28日に必ず返済をします。28日に返済できなければ通常の利息はゼロでも遅延損害の利息は支払う必要があるでしょう。

 

借入金額、月々の返済額、返済回数によって30日間と180日間のどちらがほうがお得かは変わるため、レイクの公式ページのシュミレーションで確認してみることをおすすめします。